ミリオンダラー・ベイビー
d0002475_16401058.jpg

先月、ミリオンダラー・ベイビーを観た。
クリント・イーストウッド監督の作品は
'03の’ミスティック・リバー’以来。

日本上映がアカデミー発表後だったので
かなりの方が観られたのではないかと思う。



なかなか観に行くタイミングがなくてヒヤヒヤものだったのだが
定員50名というシアターに上映最終2日前に滑り込んだ^^;
ストーリーはもう単純。 TVや新聞の予告だけでわかってしまう。

小さな会場だったせいもあって、切なさが我慢できない。
前後左右の観客同志が突然友達にでもなったような雰囲気だ。

夢に向かってゆく前半と一瞬で壊れてしまう後半と
それでも何かを残してゆく結末。

ミスティック・リバーもだがイーストウッド監督の作品は本当に切なくて
今回は特にコンディションのせいもあって後半はしんどかった。
前半だけでも充分見ごたえがあったと思うのは私だけかもw
原作を読んでみたい気がする。



写真:お香とお香立て
コーンのお香は父の焼いたぐい飲みwを竹の籠に入れて焚くが
写真の線香タイプのものは木の板に金属の☆とカエデが打ち込んである。
コーンの方が持ち歩けるwので便利なのだが
ちょうど切らしてしまったので今日はこちらをUP。

   
[PR]
by zeroorleast | 2005-08-02 17:32 | eyes


<< 暑中お見舞い 風のように >>